博多歯科クリニック・博多インプラントセンター

審美歯科

  1. 博多歯科クリニック TOP >
  2. 審美歯科 >
  3. 審美歯科治療の流れ

審美歯科治療の流れ

病院で治療を受けた場合、保険が利く場合と利かない場合とがあるのをご存知でしょうか?新しい治療法や、お薬を使う治療などが自費診療である場合が多いです。歯科では、他の医療に比べて、自費診療の割合が多いといえます。
特に見た目に重点をおいた審美歯科では、そのほとんどが自費診療となります。審美歯科における保険診療と自費診療の違いについて、虫歯跡の治療に使う、クラウン(かぶせもの)を例にとってご説明していきます。

保険診療

みなさまが通常病気をした場合、病院に行って保険証を提示すれば、医療費の一部を負担するだけで治療を受けることができます。ご存じのとおり、みなさまが納めている健康保険によって残りの医療費はまかなわれているのです。
歯科医院でも同じで、虫歯や歯周病といった病気にかかると、保険の適応内の治療を施します。通常の虫歯や歯周病であればこの保険診療で治療が終了します。もちろん、大きな虫歯跡を補うクラウンも保険診療で行うことができます。ですが、保険診療では、そのクラウンの材料が限られてしまします。
保険診療では、クラウンの素材として、レジン(プラスチック)や銀歯を使います。レジンや銀歯でもかむ力は十分回復できますが、変色や、強度などに問題がある場合もあります。

自費診療

主に歯科でよく聞かれる自費診療。当サイトでご紹介している審美歯科はほとんどが自費診療です。先ほどのクラウンでいえば、セラミックや金歯などを使う場合が自費診療となります。また、見た目の美しさを重視したセラミックのつめもの、セラミックインレーや、ラミネートベニア、最新の治療であるマイクロスコープ治療、レーザー治療や、保険内では使用しない専門の機材や材料、お薬を使うホワイトニングなども自費診療です。歯並びやかみ合わせを整える矯正歯科治療、最先端歯科医療であるインプラントなども自費診療となります。

保険診療の先にあるもの、自費診療

保険診療、自費診療について説明してきましたが、病気を改善する治療が保険診療、その先にある見た目の美しさを手に入れられるのが自費診療であるということがおわかりいただけましたでしょうか。
保険診療に比べ、より進んだ技術、よりよい材料、新しいお薬を使えるのが自費診療です。咬む力を回復する治療であれば、保険診療でも十分行うことができます。あなたは、ただ咬むことができるだけの歯で満足ですか?歯の見た目の美しさを整えることによって、思いっきり笑うことのできる喜びを得ることができます。また、笑顔になれば、心から明るくなることもできます。
保険診療と自費診療。あなたにあった治療方法を選んで、満足のいく歯科治療を行いましょう。

特定医療法人 芳香会 博多歯科クリニック 博多インプラントセンター

〒812-0013
福岡市博多区博多駅東1-12-7 6F
092-414-6480
診療時間
月火水木金 | 10:00〜14:00
16:00〜20:00
土曜 | 10:00〜15:00
祝日(平日) | 10:00〜14:00
16:00〜20:00
祝日(土曜) | 10:00〜15:00
休診日 | 日曜

診療内容
  • インプラント科
  • 一般歯科

  • 審美歯科
  • 歯周病科

  • スポーツ歯科
  • 口腔外科


モバイルサイトQR

系列歯科医院