博多歯科クリニック・博多インプラントセンター

審美歯科

  1. 博多歯科クリニック TOP >
  2. 審美歯科 >
  3. 審美補綴の種類

審美補綴の種類

オールセラミッククラウン

セラミッククラウンとは、セラミック(陶材)で作られたかぶせもの(クラウン)のことです。大きな虫歯跡などをきれいにするときに効果的です。セラミックは天然の歯と同じぐらいの光の浸透度で、透明感があり、歯の色も患者様それぞれに合わせて作ることができるので、自然な美しい歯に仕上がります。またセラミックには吸収性がないので変色は全く起こらず、臭いが気になることもありません。
虫歯跡をきれいにするだけではなく、ホワイトニングなどでは効果のでなかった変色のひどい歯もセラミッククラウンによってきれいにすることができます。すべてセラミックで作られたオールセラミッククラウンは透明感から、前歯などに使われます。オールセラミッククラウンですと金属をまったく使用しませんので、金属アレルギーの人にも安心してお使いいただけます。
歯肉にとっても有害な作用がありません。歯の形や大きさを整えることができますので、時間のかかる矯正も、セラミッククラウンによって部分的であれば、短期間で行うことが可能です。セラミッククラウンは自費診療となり、通常の金属をかぶせる治療法よりも割高となります。その分、自然で美しい歯を、歯並びからトータルに手に入れることができます。

古い被せ物をやりかえた症例 古い被せ物をやりかえた症例 神経が死んだ歯に被せた症例 神経が死んだ歯に被せた症例 古い詰め物をやりかえた症例 古い詰め物をやりかえた症例

メタルセラミッククラウン

金属にセラミックを焼き付けて作るクラウンです。オールセラミッククラウンと比べると強度があるため、奥歯などの噛みしめる部分に有効です。金属を使うため、透明度はオールセラミックに劣りますが、天然の歯と変わらない強度、見た目を手に入れることができます。
自然な美しい歯で、思いっきり笑いたい方に、セラミッククラウンをおすすめします。

セラミックインレー

セラミックインレーとは、虫歯を削った部分に、金属ではなく、セラミックを詰める治療法です。金属の詰め物と違って治療後が目立ちません。
虫歯治療の場合、通常は耐久性、価格の問題から金属製インレーを使います。しかし耐久性の優れたセラミックインレーの開発により、自然な歯の白さを再現することも可能になりました。
口を大きく開けた時に、見えてしまう金属の詰め物、気になっていませんか?セラミックインレーは自費診療ですが、治療後はとても満足していただけることでしょう。金属を全くつかいませんので、金属アレルギーの方にも、安心してお使いいただけます。

セラミックとレジン(プラスチック)
白い詰め物の治療としては、レジン(プラスチック)による治療も存在しますが、レジンは吸収性があるため変色や劣化が起こりやすく、臭いも気になります。また、吸収性によって縮んだり膨らんだりするため、歯とレジンの間に隙間ができやすく、 隙間の部分から、虫歯になる可能性もあります。
セラミックは吸収性がないので変色は全く起こらず、臭いもありません。天然の歯と同じような自然な感じに仕上がります。
銀歯をやり直した症例例 銀歯をやり直した症例

ラミネートベニア

ラミネートベニアとは、爪の厚さ程の薄いセラミックの板を歯の表面を削った部分に貼り付ける治療法のことです。ホワイトニングでは効果の出ない色素沈着のひどい場合や、前歯のちょっとした隙間をうめる場合に用いられます。歯の表面を削る量は0.5mmで、エナメル質が残る程度です。そこにセラミックのラミネートベニアを強力な接着剤で固定します。歯の裏側や、歯と歯の間を削る必要はありません。また、通常は痛みもなく、麻酔をする必要もありません。

ラミネートベニアの効果と時間
1回の治療に要する時間は約2時間程度で、通常2回で終了します。きちんとケアをすれば、10年もつといわれています。白い歯と整った歯並びを一度に手に入れたい方にとっては最適な審美歯科治療ということができるのでしょう。
ラミネートベニアには以前は欠けたりはがれやすいという欠点がありました。しかし、現在は材質、接着剤とも向上しました。 歯の隙間や変形歯なども軽度であれば改善できます。
ラミネートベニアは自費診療ですが、歯を削る量も少なく、歯の隙間などの矯正の代わりにもなりますので、手軽に、美しい歯を手に入れたい方におすすめです。
スキッ歯・矮小歯を改善した症例 スキッ歯・矮小歯を改善した症例 テトラサイクリン歯を改善した症例 テトラサイクリン歯を改善した症例 変色歯を改善した症例 変色歯を改善した症例

ファイバーコア

ファイバーコアは、グラスファイバーの繊維を何十にもたばね、1つの棒状にして、専用の特殊樹脂と一体化させてつくられます。これは、象牙質(歯の内側の部分)と同じくらいの硬さ・弾性があります。周りを樹脂でおおっているため、天然の歯と同じような色につくることができます。
セラミッククラウンなどの土台が金属であった場合、金属が硬すぎて歯が割れてしまうことがあります。ファイバーコアはグラスファイバーの弾性により、歯への負担を大幅に軽減できます。
見た目に美しく、今ある歯にも優しい。ファイバーコアは審美歯科治療には欠かせない存在なのです。

特定医療法人 芳香会 博多歯科クリニック 博多インプラントセンター

〒812-0013
福岡市博多区博多駅東1-12-7 6F
092-414-6480
診療時間
月火水木金 | 10:00〜14:00
16:00〜20:00
土曜 | 10:00〜15:00
祝日(平日) | 10:00〜14:00
16:00〜20:00
祝日(土曜) | 10:00〜15:00
休診日 | 日曜

診療内容
  • インプラント科
  • 一般歯科

  • 審美歯科
  • 歯周病科

  • スポーツ歯科
  • 口腔外科


モバイルサイトQR

系列歯科医院