博多歯科クリニック・博多インプラントセンター

矯正歯科

  1. 博多歯科クリニック TOP >
  2. 矯正歯科 >
  3. 矯正歯科治療の流れ

矯正歯科治療の流れ

ここでは、矯正歯科治療の流れの流れをご説明します。

  1. カウンセリング

    歯を見せていただきながら、患者さまの歯並びや咬み合せで気になっていることや、ご希望を聞いて、治療法についてカウンセリングを行います。歯並び、咬み合せ、顎関節、全身との関係などについてご説明いたします。

  2. 検査

    歯形をとり、模型を作成しお口・お顔の写真撮影を致します。骨格や顎関節、歯の状態を審査するためのX線写真を撮影。虫歯の有無を調べ、歯の検査、筋肉の検査などをします。顎関節の動きも検査します。

  3. 治療計画の説明

    検査の結果をもとに、患者さまに適した無理のない治療計画を作成します。治療方針や期間、費用や料金の支払い方法など、疑問に思うことはなんでもお聞きください。充分ご理解していただけるように説明いたします。最終的に治療方法、期間、費用などを決定します。

  4. 観察

    最適な治療時期の判断を待つ場合もあります。

  5. 装置の装着

    矯正装置を装着します(約1時間)。骨格、症状は一人一人ちがいますので、治療法、装置は患者さまに適したものを使用します。はじめて装着する場合、しばらくの間、痛みや違和感を伴いますが、次第に軽くなります。痛みが強い場合は、痛みを軽減する対応を行っていきます。ブラケットを付けた状態の歯磨きはとても難しくなります。矯正治療中に、虫歯や歯周病にならないために、しっかりとした歯磨きの指導も行っていきます。

  6. 歯の移動

    通常1〜2年ですが、治療期間は患者さまの顔の骨格や症状の難易度によって大きく異なります。1か月に1回程度の間隔で通院していただきます。子どもの矯正の場合、乳歯、永久歯が生えそろうまでの期間は、主に顎の成長を誘導していきます。永久歯が生えそろっている場合、治療期間はおよそ2年が目安です。

  7. 保定期間

    治療完了後、しばらくの間は、矯正した歯が元の状態にもどらないようにするために、保定装置を装着して、定期的に健診を行います(1〜2年)。保定期間中は唇、舌の正しい使い方を取得して後戻りを防ぎます。また、正しい歯磨き方法を指導することによって、歯と歯ぐきの健康を保ちます。

  8. 保定後の管理

    保定後も親知らずや虫歯などの影響で咬み合せに変化が起こる可能性があります。患者さまが可能な限り、来院時に虫歯と咬合のチェックそして、管理を続けます。

特定医療法人 芳香会 博多歯科クリニック 博多インプラントセンター

〒812-0013
福岡市博多区博多駅東1-12-7 6F
092-414-6480
診療時間
月火水木金 | 10:00〜14:00
16:00〜20:00
土曜 | 10:00〜15:00
祝日(平日) | 10:00〜14:00
16:00〜20:00
祝日(土曜) | 10:00〜15:00
休診日 | 日曜

診療内容
  • インプラント科
  • 一般歯科

  • 審美歯科
  • 歯周病科

  • スポーツ歯科
  • 口腔外科


モバイルサイトQR

系列歯科医院