博多歯科クリニック・博多インプラントセンター

インプラント

  1. 博多歯科クリニック TOP >
  2. インプラント >
  3. 入れ歯・ブリッジとの違い

入れ歯・ブリッジとの違い

第2の永久歯インプラントと入れ歯、ブリッジとの違いを、歯を失った状況に照らし合わせてご説明いたします。

隣接する歯を1,2本失った場合

ブリッジ
両隣の歯を削って人工の歯をかぶせます。
  • 床の部分が歯ぐきの上に乗っているので、痛くて硬い物がかめない。
  • 健康な歯を削らなければならない。
  • 噛むたびに削られた歯に負担がかかり、傷みやすい。
  • 歯根のない歯ぐきに刺激がいかないため、歯茎がやせてしまう。
インプラント
失った歯の部分にインプラントを埋め込み、
その上に人工の歯冠を固定します。
  • 周りの健康な歯には影響がない。
  • 歯ぐきにも刺激があるので、歯ぐきを健康に保てる。

複数の歯を失った場合

部分入れ歯
人工の歯を固定するために、
金属のバネを隣接する歯にかけて固定します。
  • 金属のバネをかける健康な歯に負担がかかる。
  • 常に違和感がある。
  • 金属のバネが見え、見た目がよくない。
  • バネの間に食べ物がつまりやすく、歯磨きが難しい。
インプラント
人工の歯を両側のインプラントで支えることができます。
  • インプラント体であるチタンは時間とともに骨と結合するので、天然の歯とかわらない噛み心地が得られる。
  • 健康な歯に負担がかからない。
  • 見た目も機能も天然の歯と変わらない感覚が得られる。

全ての歯を失った場合

総入れ歯
人工の歯を歯ぐき全体にかぶせます。
  • 入れ歯がぐらついたり、ずれたりする。
  • 固定されていないので安定が悪く、硬いものが噛めない。
  • 入れ歯が舌をふさいでしまうので味が分かりにくい。
  • 食べ物が入れ歯と歯ぐきの間に挟まり、痛む。
  • 顎がやせていくことが多く、年老いて見える。
インプラント
複数のインプラントを埋め込み、人工の歯を固定します。
  • インプラントは顎の骨に固定されるため、ぐらつかない。
  • 天然の歯と変わらない感覚でものを噛んだり、味わうことができる。
  • 食べ物はほとんど挟まらない。
  • 天然の歯と同様の外観を保ち、しっかり噛むことで顎の骨が痩せるのを防ぐので、年老いて見えない。

特定医療法人 芳香会 博多歯科クリニック 博多インプラントセンター

〒812-0013
福岡市博多区博多駅東1-12-7 6F
092-414-6480
診療時間
月火水木金 | 10:00〜14:00
16:00〜20:00
土曜 | 10:00〜15:00
祝日(平日) | 10:00〜14:00
16:00〜20:00
祝日(土曜) | 10:00〜15:00
休診日 | 日曜

診療内容
  • インプラント科
  • 一般歯科

  • 審美歯科
  • 歯周病科

  • スポーツ歯科
  • 口腔外科


モバイルサイトQR

系列歯科医院