博多歯科クリニック・博多インプラントセンター

その他の診療

  1. 博多歯科クリニック TOP >
  2. その他の診療 >
  3. 一般歯科

一般歯科

カリエス(虫歯)治療

1. 白い詰め物による治療
比較的小さな虫歯や前歯の虫歯の治療などにはコンポジットレジンという歯科用プラスチックを詰める方法を用います。
歯を削った後に、白い樹脂を埋めるので、その日のうちに終わります。レジンは歯科治療で最も頻繁に使用されている材料で、歯医者さんの間ではレジンを詰めることをレジン充填(レ充)と呼んでいます。 白い詰め物による治療
2. 銀の詰め物による治療
1.の場合より虫歯が大きい場合には、虫歯を削った後に型取りをして銀の詰め物による治療を行います。 主に奥歯の詰め物として使用される銀色の金属の詰め物で、多くの場合「金銀パラジウム合金」という金属が使用されます。 銀の詰め物による治療
3. 神経を取る治療
虫歯が神経に達する程大きな虫歯または神経に近接している場合には、神経を取る必要があります。 神経を取る治療

根管治療

虫歯が大きく神経を取らざるを得なかった場合、また以前神経を取った歯の再治療の場合は、通常数回かかりますが、根の中の汚れ具合や痛みなどで期間や回数は様々です。
しかし、この治療をおろそかにしていると、症状が悪化したり最悪の場合は歯を抜かなくてはいけなくなります。歯の治療の中でも一番重要な治療の一つです。

根管治療

抜歯

保存が不可能な歯、親知らずなど様々な理由で歯を抜きます。
(ただし全身疾患を有する患者様の抜歯や特殊な症例の抜歯は専門機関への紹介状をお渡しすることも出来ます)

抜歯

補綴処置(クラウン)

神経を取った歯には基本的には被せ物をします。根管治療が終了すると歯に土台をたてて、型取りをし、大臼歯には銀の被せ物(小臼歯には白い被せ物も出来ます)、前歯には白い被せ物をします。

補綴処置(クラウン) 補綴処置(クラウン)

補綴処置(ブリッジ)

歯を抜いた場合、抜いた部分に歯をつくるためブリッジという方法があります。ブリッジとは、歯が抜けてしまった場合に、両隣りの歯を削って土台を作り、橋渡しをするように人工の歯を入れて欠損部分を回復するものです。
その様が橋を架けるのに似ているので「ブリッジ」と呼ばれており、ほぼ全ての歯科医院で行われている非常にポピュラーな治療法です。

補綴処置(ブリッジ)

補綴処置(義歯)

様々な理由で歯を抜いた場合、抜いたところの歯を補う為入れ歯を作ります。歯が数本残っている場合は部分入れ歯、歯が全く残っていない場合は総入れ歯を作製します。入れ歯が完成するまでには型取りしてから1〜4回かかります。

補綴処置(義歯))

知覚過敏治療

知覚過敏とは歯の表面部分のエナメル質が傷つき削れてしまうことで象牙質が露出し、冷たい(温かい)飲食物・甘い物・ブラッシング・風・酸などで歯が「ズキン!」としみることです。
原因は様々ですが一般的に歯ぎしり・噛み合わせの悪さ・間違ったブラッシング・酸・ホワイトニング・歯周病・虫歯・加齢によるものがほとんどです。
治療としては露出した象牙質を薬剤にてコーティングしたり、知覚過敏用歯磨き粉の使用、虫歯の治療、マウスピースの使用、症状がひどい場合には神経を取ることもあります。

知覚過敏治療

特定医療法人 芳香会 博多歯科クリニック 博多インプラントセンター

〒812-0013
福岡市博多区博多駅東1-12-7 6F
092-414-6480
診療時間
月火水木金 | 10:00〜14:00
16:00〜20:00
土曜 | 10:00〜15:00
祝日(平日) | 10:00〜14:00
16:00〜20:00
祝日(土曜) | 10:00〜15:00
休診日 | 日曜

診療内容
  • インプラント科
  • 一般歯科

  • 審美歯科
  • 歯周病科

  • スポーツ歯科
  • 口腔外科


モバイルサイトQR

系列歯科医院