小倉駅デンタルクリニックでは、お客様のお悩みやご要望にこたえられる様々なサービスを用意させていただいております。
ここでは、小倉駅デンタルクリニックにて受けられるサービスについて紹介させていただきます。

審美修復

■オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンは、セラミックスという材質の特性を十分に生か し、本来のご自分の歯と同等か、またはそれ以上の色調や形態を 再現することができ、極めて審美的効果が高い方法と言えます。
また、他の被せ物と比較して、歯ぐきにも優しく、透明感があり、さらに口元や顔全体とのバランスも考慮し製作するため、ワンランク上の美しさを表現することができます。

オールセラミッククラウンは、審美性だけでなく耐久性もあります。保険内の 差し歯は数年で歯ぐきへのダメージや変色等がありますが 、オー ルセラミッククラウンは全く変色せず、きちんとメンテナンスを継続することによ って 、20年、30年と長持ちすると言われています。

古い被せ物をやりかえた症例 古い被せ物をやりかえた症例 神経が゙死んだ歯に被せた症例 神経が゙死んだ歯に被せた症例 古い詰め物をやりかえた症例 古い詰め物をやりかえた症例

■セラミックラミネートベニア

セラミックラミネートベニアとは、歯の表面を一層薄く削り、表面にセラミックスを接着する方法です。いわば、歯につける『つけ爪』のようなものです。
耐久性があり、しかも美しく自然に仕上がりますので、審美歯科 の主流と言っても過言ではありません。 また、極力薄く歯を削りますので、痛みやストレス がほとんどありません。
セラミックスは、磨耗や変色の心配がなく、歯茎にも優しいため、安心してご使用いただける材質です。また、金属アレルギーの方も安心して治療していただけます。
変色してしまった歯を白くしたり、歯並びを良く見せたり、歯の形を美しく整え直すことができます。最短2回の通院で完了します。 スキッ歯・矮小歯を改善した症例 スキッ歯・矮小歯を改善した症例 テトラサイクリン歯を改善した症例 テトラサイクリン歯を改善した症例 変色歯を改善した症例 変色歯を改善した症例

■セラミックインレー

プレスセラミックを用いることによって、従来型で生じていた破折がほとんどなくなりました。
高い強度がありながら、ご自分の歯(天然歯)に近い摩耗性を持っているため、対合歯(咬む相手の歯)に優しい材質です。色調のバリエーションも豊富なので、天然歯と同じような自然な仕上がりになります。

銀歯をやり直した症例 銀歯をやり直した症例

■ハイブリッドレジン充填

保険の詰め物は経年的に変色します。
ハイブリッドレジン充填は、詰め物の変色を最小限に抑えることができる美しい詰め物です。透明性の異なるペーストを何層も築盛することで、天然歯(ご自分の歯)のような自然観あふれる美しさの再現を可能にしています。また 、被せ物と比較すると、歯を削る量が少なく、1回のご来院で完了するので通院の負担も軽減されます。

奥歯をやり直した症例 奥歯をやり直した症例 前歯をやり直した症例 前歯をやり直した症例

ホワイトニング

ホームホワイトニング

ご自宅で行っていただくホワイトニングです。 型取りをして作ったオーダーメイドのマウスピースに専用の薬剤を入れ、1日2時間ほど装着するだけでホワイトニング出来ます。自分のペースで、ご希望の白さまでホワイトニングすることが可能です。極めて自然な白さを得る事ができ、持続性が高い方法です。


手 順
  1. 全体的なチェックとクリーニング
    (虫歯がある場合、虫歯の場所は薬剤がしみる為、先に虫歯の治療が必要です)
  2. 型取り
  3. ホワイトニング専用キッド後日、マウスピースと薬剤キッドのお渡し
  4. ご自宅にて、専用のマウスピースと薬剤を用意します
  5. ホワイトニング薬剤注入専用のマウスピースに薬剤をのせます
  6. 歯に装着し、2〜3時間待ちます
  7. マウスピースを外し、口をゆすぐか軽くブラッシングします
ホームホワイトニングの症例 ホームホワイトニングの症例

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、歯科医院で行うホワイトニングの事です。
当院で使用しているオフィスホワイトニングの薬剤である“オパールエッセンス エクストラブースト(Opalescence Xtra Boost)”は、光を当てる必要のない薬剤です。
その特徴は、薬剤を使用前に混合するため、ホワイトニング剤を常に新鮮な状態に保つ事が出来ます。ホワイトニング薬剤は新鮮さが重要です。以前まで主流であった、既に混合してある薬剤は、温度差に弱く、特に夏の高温で薬液が分離して、効果が落ちることがありました。この“オパールエッセンス エクストラブースト”は、その欠点を改善することにより、最大のホワイトニング効果が期待できます。

オフィスホワイトニングの症例 オフィスホワイトニングの症例

インプラント

歯を失った場合、治療の第一選択はインプラントです。
小倉デンタルクリニックではあらゆる症例に対応可能で、安心 安全に治療を受けていただく事が出来ます。
他院では難しいと診断された方も、福岡歯科大学臨床教授であり日本インプラント学会の認定を受けたインプラントの専門医が全て対応いたします。

前歯1本をインプラントにした例 前歯1本をインプラントにした例 奥歯1本をインプラントにした例 奥歯1本をインプラントにした例 上の歯を全部インプラントにした例 上の歯を全部インプラントにした例 上の歯を全部インプラントにした例 上の歯を全部インプラントにした例

一般診療

マイクロスコープを用いた治療

マイクロスコープ

通常マイクロスコープを使用せずに行われている治療は、肉眼で確認し、手の感触や経験や勘によって悪い部分を除去しています。
しかしながら、人間の肉眼で可能な2点識別域(2つの点を2つと認識できる範囲)は、0.2mm程度といわれており、自由診療で行うような高精度(数十ミクロン単位)な治療を行う場合、肉眼のみで確認する事は不可能に近い事なのです。そのため、マイクロスコープを使用し、20倍以上に拡大して治療をすることでより正確な治療が可能となり、治療のレベルを飛躍的に向上させる事が出来ます。目に見えない虫歯などの汚染物質の取り残しや余分に健康な部分を削ってしまうことを防ぐことができるため、より正確で安心安全な治療を行うことができます。
歯科以外では、眼科や心臓外科・脳外科などでも常用されており、アメリカの歯科の歯の根の治療の専門医では使用が義務付けられているほどです。
用途としては歯科検診などの口腔内審査、虫歯の治療、歯の根の治療、歯周病の治療、口腔外科などあらゆる分野に使用できます。

マイクロスコープ
裸眼で見た場合の写真です。小さくてよく分かりません。

マイクロスコープ
マイクロスコープで見た場合の写真です。歯の根の治療(根管治療)をしている状態です。内部の状態もしっかり見ることが出来ます。良く見て治療できるということは、治療の精度も上がりますので、しっかりした治療をすることが可能です。

歯周治療

1. 歯石取り
毎日毎食後、歯ブラシをしていても汚れの除去には限界があります。汚れを放っておくと、歯石という汚れの塊になります。歯石が付いたまま放っておくと歯周病の原因となります。治療は通常、初めに歯茎のチェックを行い、上下2回に分け歯石を除去していきます。歯石の付き方は個人差がある為、歯石が多く付いてる方は、麻酔をし数回に分けて除去していくこともあります。 歯石取り
2. 歯周外科
1.の歯石取りで取れなかった歯茎の奥深くに付着した歯石は、歯茎を外科的に切開し見えるような状態にして除去します。 歯周外科

歯周病は写真の様な段階で進行していきます。4の段階になると歯の保存が困難になります。
※縁上歯石とは歯肉より上に付く歯石で、縁下歯石とは歯肉の中奥深くに付く歯石のことです。
縁上歯石は通常の歯石取りで除去することができますが縁下歯石の除去は麻酔や歯周外科が必要になってきます。

カリエス(虫歯)治療

1. 白い詰め物による治療
比較的小さな虫歯や前歯の虫歯の治療などにはコンポジットレジンという歯科用プラスチックを詰める方法を用います。
歯を削った後に、白い樹脂を埋めるので、その日のうちに終わります。レジンは歯科治療で最も頻繁に使用されている材料で、歯医者さんの間ではレジンを詰めることをレジン充填(レ充)と呼んでいます。 白い詰め物による治療
2. 銀の詰め物による治療
1.の場合より虫歯が大きい場合には、虫歯を削った後に型取りをして銀の詰め物による治療を行います。 主に奥歯の詰め物として使用される銀色の金属の詰め物で、多くの場合「金銀パラジウム合金」という金属が使用されます。 銀の詰め物による治療
3. 神経を取る治療
虫歯が神経に達する程大きな虫歯または神経に近接している場合には、神経を取る必要があります。 神経を取る治療

根管治療

虫歯が大きく神経を取らざるを得なかった場合、また以前神経を取った歯の再治療の場合は、通常数回かかりますが、根の中の汚れ具合や痛みなどで期間や回数は様々です。
しかし、この治療をおろそかにしていると、症状が悪化したり最悪の場合は歯を抜かなくてはいけなくなります。歯の治療の中でも一番重要な治療の一つです。

根管治療

抜歯

保存が不可能な歯、親知らずなど様々な理由で歯を抜きます。
(ただし全身疾患を有する患者様の抜歯や特殊な症例の抜歯は専門機関への紹介状をお渡しすることも出来ます)

抜歯

補綴処置(クラウン)

神経を取った歯には基本的には被せ物をします。根管治療が終了すると歯に土台をたてて、型取りをし、大臼歯には銀の被せ物(小臼歯には白い被せ物も出来ます)、前歯には白い被せ物をします。

補綴処置(クラウン) 補綴処置(クラウン)

補綴処置(ブリッジ)

歯を抜いた場合、抜いた部分に歯をつくるためブリッジという方法があります。ブリッジとは、歯が抜けてしまった場合に、両隣りの歯を削って土台を作り、橋渡しをするように人工の歯を入れて欠損部分を回復するものです。
その様が橋を架けるのに似ているので「ブリッジ」と呼ばれており、ほぼ全ての歯科医院で行われている非常にポピュラーな治療法です。

補綴処置(ブリッジ)

補綴処置(義歯)

様々な理由で歯を抜いた場合、抜いたところの歯を補う為入れ歯を作ります。歯が数本残っている場合は部分入れ歯、歯が全く残っていない場合は総入れ歯を作製します。入れ歯が完成するまでには型取りしてから1〜4回かかります。

補綴処置(義歯)

知覚過敏治療

知覚過敏とは歯の表面部分のエナメル質が傷つき削れてしまうことで象牙質が露出し、冷たい(温かい)飲食物・甘い物・ブラッシング・風・酸などで歯が「ズキン!」としみることです。
原因は様々ですが一般的に歯ぎしり・噛み合わせの悪さ・間違ったブラッシング・酸・ホワイトニング・歯周病・虫歯・加齢によるものがほとんどです。
治療としては露出した象牙質を薬剤にてコーティングしたり、知覚過敏用歯磨き粉の使用、虫歯の治療、マウスピースの使用、症状がひどい場合には神経を取ることもあります。

知覚過敏治療剤

医院インフォメーション

特定医療法人 芳香会
小倉駅デンタルクリニック
福岡県北九州市小倉北区浅野1-1-1
小倉駅新幹線改札口小倉エキナカひまわりプラザ1F
093-522-4618

診療時間
月〜金 / 10:00〜20:00
土 / 10:00〜17:00

アクセス
モバイルサイトQR

芳香会

私たちは、特定医療法人芳香会グループの一員です。